←トップ頁へ

和名 ケンタウレア・マキュローサー
漢字表記
別名・異名 セントーレア・マクロサ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名のCentaureaはギリシャ神話に登場する半人半馬のケンタロウスに因んでいる。ケンタロウスがこの草で矢傷を治したという話に因んでいる。/種小名は「斑点のある」の意。
学名 Centaurea maculosa
英名 Spotted knapweed
仏名 Centaurée tachetée
独名 Rispen-Flockenblume
伊名 Fiordaiso macchiato dei pascoli
西名
葡名 撮影地:東京都足立区内
漢名 (植栽品)
植物分類 キク科ヤグルマギク属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 東ヨーロッパ
花言葉 撮影者:東京都 中村利治様
解説 ケンタウレア・マキュローサーはキク科の多年草である。茎はあまり太くはならないが、直立し、上部で分枝をして横枝を長く張り出す。茎には細毛が散生する。草丈は30~100㎝程度となる。根生葉はロゼット状に地に張り付くように広がり、長さ12㎝、幅5㎝程度で羽状に深裂する。茎葉は狭楕円形~線形へと変化し、先端部は尖り、茎に互生する。茎葉の基部には小葉のような托葉がつく。5~7月頃、茎頂並びに枝先に径1.2㎝程度の花を付ける。総苞は卵形で、総苞片の先端部は毛深く黒色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考