←トップ頁へ

検索名  ケンタウレア・マクロケファラ  
和名 オオゴンヤグルマギク
漢字表記 黄金矢車菊
別名・異名 セントーレア・マクロケハラ
ケンタウレア・マクロケファラ
古名
語源 和名は、新芽が黄金色に見えることから。
属名のCentaureaはギリシャ神話に登場する半人半馬のケンタロウスに因んでいる。ケンタロウスがこの属のヤグルマギクで矢傷を治したという話に因んでいるとのこと。
種小名は「頭の大きな」の意。
学名 Centaurea macrocephala
撮影者:東京都 中村利治様
英名 Great knapweed
Cornflower
Globe Centaurea
Yellow hardhead
Bighead knapweed
Giant yellow knapweed
lemon fruff knapweed
仏名 Centaurée à grosse tête
独名 Großköpfige Flockenblume
伊名 Centaurea macrocephala
西名
葡名
漢名 宿根矢車菊
植物分類 キク科ヤグルマギク属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(花壇)/鉢植え/切り花
原産地 コーカサス地方
花言葉 隠された功績
解説 オオゴンヤグルマギクはキク科の多年草である。草丈は80㎝前後程度に。株の基部から多く分枝し株立ち状に成長を見せる。5~7月頃、茎毎に先端に一輪づつ写真に見られるような黄金色の花をつける。花径が8㎝前後程度である。一見して花姿はアザミにも似ている。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考