←トップ頁へ

検索名 ケンシティア・ピランシイ
和名 チトセギク
漢字表記 千歳菊
別名・異名 ケンシティア・ピランシイ/エレプシア・ピランシイ
古名
語源 和名は、花形がキクに似ていて、多年草であることからと推測される。/属名は、ギリシャ語のmesembria(=正午)toanthemon(=花)の合成語で、日光を受けて開くその習性から。/別名は、それぞれ旧属名の音読みから。
学名 Mesembryanthemum pillansii(=Kensitia pillansii=Erepsia pillansii)
英名 Mesembryanthemum, Vygie
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ハマミズナ科メセンブリテアンテムム属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 チトセギクは、ハマミズナ科の多肉植物である。等しく南アフリカ原産のリビングストン・デージーに近似種である。草丈は30㎝前後に。葉は灰青色で、長さ3cm程度。葉の断面はほぼ三角形となる。5~6月頃に写真に見られるような紅紫色で、径5㎝程度の花を見せる。花弁の先端はスプーン状で、外側にねじれを見せる。花弁は、外側から中央部へと次々と咲き進んで行く。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考