←トップ頁へ

和名jp ケンマイレン  
漢字表記 剣舞蓮  
別名・異名
other name
 
古名
old name
語源
etymology
和名は、品種名の音読みから。
属名はシンハラ語(スリランカ)での現地名をラテン語表記したもの。
種小名は「ナッツを生ずる」の意。 
品種名は、本種が、「舞妃蓮」(※履歴欄参照)から作出された品種であり、花弁の様子が剣形であることからの命名と推測される。
学名sn Nelumbo nucifera 'Kenmairen' 
英名en
撮影地:行田市・古代蓮の里 
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ハス科(←スイレン科)ハス属
園芸分類 水生多年生草本
用途use 花(観賞用)
原産地
distribution
園芸作出品種(日本)
花言葉 遠くに去った愛・雄弁/撤回(葉)
解説description
ケンマイレンはハス科の多年草である。本種は、我が国で作出されたハスの園芸品種である。本種は、下欄に記した「舞妃蓮」からの自然実生種である。草丈は、花茎を入れると80㎝程度となる。葉までの丈は60㎝程度となる。花色は白色~黄白色の一重咲きで、花径は22~25㎝程度となる。花弁数は18~22個となる。
履歴 ※本種の母種の「マイヒレン(舞妃蓮)」種は、我が国の阪本祐二氏が「大賀蓮」種とアメリカ産黄花蓮「王子蓮」との交雑により、昭和41年(1966)に作出している。
県花・国花 インド・スリランカの国花(ハス)
滋賀県:守谷市花
 (ハス) 
古典1  
古典2  
季語 夏(ハス)  
備考