←トップ頁へ

和名 ケナシチガヤ
漢字表記 毛無茅萱
別名・異名
語源 和名は、チガヤ(フシゲチガヤ)の節には毛があるが、本種は無毛のため。/属名は16世紀イタリアの自然科学者F・インペラタの名に因んでいる。/種小名は「円柱状の」の意。/変種名も種小名に同じ
学名 Imperata cylindrica var. cylindrica
英名
仏名
独名
伊名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
西名 撮影者:成田市下総松崎
葡名
漢名
植物分類 イネ科チガヤ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/薬用(根茎)
原産地  日本を含む東アジア
花言葉
解説 ケナシチガヤはイネ科の多年草である。田の畦や河川の堤防等に群生が見られる植物である。茎は直立s、草丈は80㎝程度に。葉は線形で、幾分上向きにつき、縁にはざらつき感がある。茎の部分にはチガヤのような長毛は見られない。開花期は、チガヤよりも幾分速く4~5月頃、銀色に光る細長い花穂を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考