←トップ頁へ

和名 ケカモノハシ
漢字表記 毛鴨嘴
別名・異名 ヒザオリシバ
古名
語源 和名については、「解説」の項参照。/属名はギリシャ語のishaimos(=止血)を語源としている。/種小名は「イネ科のAnthephoraに似た」の意。
学名 Ischaemum anthephoroides
英名 撮影地:筑波実験植物園
仏名
独名
伊名 撮影者:東京都 中村利治様→
西名
葡名
漢名 毛鴨嘴草
植物分類 イネ科カモノハシ属
園芸分類 多年性草本
用途
原産地 日本を含む東アジア
花言葉
解説 ケカモノハシは、イネ科の多年草である。概して海岸地帯の砂浜に見られる野草である。同属のカモノハシに似ているが、全体的に本種の場合毛が見られるのでその名の由来となっている。カモノハシの場合、概して湿地帯に自生が見られるが、本種の場合、砂浜という乾燥地に生え、加えて海岸地帯と言うことで、潮風の影響も受けるので、毛が乾燥を防ぐ役割を果たしているのであろう。草丈は30~80㎝程度で、茎は短く横に這い、節ごとに曲がり斜上し、上部は直立する。節の地に着いた部分から、株別れして立ち繁殖し、群落を構成する。7~9月頃に花穂を出すが、遠目には1本の花穂のように見えても実際には2本の花穂(6㎝前後の半円柱形)がぴったりとくっついていることになる。和名の由来も、その花穂の形状をカモのくちばしにたとえたものと言われている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考