←トップ頁へ

和名jp ケジギタリス
撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記 毛ジギタリス
別名・異名
other name
ジギタリス・ラナタ
古名old nae
語源 和名は全草が毛深いジギタリスであることから。
属名のdigitalisとはラテン語で「指袋」の意味。花形から命名された属名である。
種小名は「毛深い」の意。
学名sn Digitalis lanata
英名en Wooly foxglove
Grecian foxglove
仏名fr Digitale laineuse
独名de Wollige Fingerhut
Woll-Fingerhut
伊名it Digitalis lanata
西名es
葡名pt 撮影地:星薬科大学→
漢名ch
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)ジギタリス属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/切り花
原産地
distribution
東欧
花言葉 熱愛/不誠実/包み得ぬ恋い
解説
description
ジギタリス・ラナタ は、オオバコ科(←ゴマノハグサ科)の多年草である。ハイドでる.
草丈は1m前後程度となる。学名に示されているように全草が毛深い。茎は根際から束生し、株立ち状となる。茎葉は狭披針形で、縁部は全縁、基部は短い葉柄に連なり、茎に互生する。5〜7月頃、茎頂に長い総状花序を出し、黄白色で褐色の網目模様のある筒状花を多数付け、下方から上方へと咲き進む。花冠下部は舌状に前方に突き出し、白色で喉部には濃褐色の網目模様が入る。花筒の外側、萼片などには白色の細毛が密生する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 夏(ジギタリス)
備考