←トップ頁へ

検索名 ケイランサス   
和名 ニオイアラセイトウ  
漢字表記 匂紫羅欄花  
別名・異名 エリシマム/ウオール・フラワー/ケイランサス 
古名  
語源 和名は、花形がアラセイトウに似ていて、葉に匂いがあることから。/別名のケイランサスは旧属名から。/属名は、ギリシャ語のeryomai(=助ける、救う)を語源としている。この属の植物に薬効があると考えられたことからと言う。/種小名はアラビア語からで「良く匂う植物」の意。
学名 Erysimum cheiri=Cheiranthus cheiri
英名 Wall Flower
仏名 Vélar à feuilles d'épervière
独名 Ruten-Schöterich
伊名 violacioca gialla,viola gialla,leucoio barco
西名 violer groc,flor de sant Vincent,ravenissa
葡名 aleli
漢名 山柳菊葉糖芥
植物分類 アブラナ科エゾスズシロ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/ロックガーデン/切り花
原産地 南ヨーロッパ
花言葉 逆境に打ち勝つ
解説 ニオイラセイトウはアブラナ科の多年草である。南ヨーロッパ原産の宿根草であるが、やがて生育力が衰えるので一年性草本として栽培されることが多い。草丈は30~45㎝程度。葉は披針形で全縁、先端は鋭頭。2~5月頃、総状花序を出し、径2㎝程度の黄色い花を開花する。花には芳香がある。 
履歴 我が国には明治中期に渡来している。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考