←トップ頁へ

和名 ケイヌビエ
漢字表記 毛犬稗
別名・異名
古名
語源 和名は、毛が生えているヒエの仲間で食用にならないことから。。/属名は、ギリシャ語のechinoa(=ウニ)とchloa(=草)の合成語からで、芒の形状からの連想という。/種小名は、「鶏の足」の意。/変種名は「尾状の」の意。
学名 Echinochloa crus-galli var.caudata
英名
仏名
独名
伊名
西名 埼玉県加須市にて
葡名
漢名
植物分類 イネ科ヒユ属
園芸分類 一年生草本
用途
原産地 日本(本州以西)/朝鮮半島/中国~インド
花言葉
解説 ケイヌビエはイネ科の一年草である。学名から理解できるようにヒエの変種ということになる。概して水田や池沼畔等の湿り気の多い地に自生が見られる。草丈は1m前後程度。茎の基部で分枝をし、葉は長さ30~50㎝、幅1~2㎝程度の線形でざらついた感じを持つ。8~10月頃に、長さ10~25㎝程度の花序を出し、緑色~紫褐色の小穂を多数つける。小穂の先には2㎝前後程度で紫褐色芒がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考