←トップ頁へ

和名 ケイビラン
漢字表記 鶏尾蘭
別名・異名
古名
語源 和名は、弧を描くように湾曲する葉姿をニワトリの尾にたとえたものとか。/属名の語源不詳。恐らく、Come(=毛)とsperma(=種子)の合成語からと推測される。/旧属名は、ギリシャ語のalektor(=牡雉)とoura(=尾)との合成語からで、葉姿がキジの尾を連想させることから。/種小名は、「江戸の」の意。
学名 Comospermum yedoense(=Alectorurus yedoensis)
英名
撮影地:狭山市都市緑化植物園 
仏名
独名
伊名
西名 撮影者:東京都 石黒俊紀様
葡名
漢名
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ケイビラン属
園芸分類 多年生草本
用途  鉢植え(草物盆栽) 
原産地 日本(本種:近畿地方以西)・四国・九州:日本固有種 
花言葉
解説 ケイビランは、キジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。本種は、概して暖地の岩上に自生が見られる。草丈は20~40㎝程度。葉は長さ10~40㎝、幅1.5~2㎝程度の剣状線形で、上方で鎌形に曲がり、この点が和名の由来となっている。葉質は幾分厚味があり、表面には平行した脈が見られ、平滑で、光沢のある緑色である。葉の裏面は緑白色となる。7~8月頃、20~40㎝程度の花茎を立ち上げ、上部に円錐花序をつけ、白色~淡紫色で径5㎜程度の花をつける。花被片は6個。雌雄異株で、雄花の花被片は長楕円形で、雌花の花被片は卵状楕円形となる。花後には径3.5㎜程度の球状蒴果をつける。蒴果は3室に別れ、内部の種子は褐色で、基部に白色の長毛が着く。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考