←トップ頁へ

和名jp ケール  
漢字表記  
別名・異名
other name
ハキャベツ
ハゴロモカンラン(羽衣甘藍)
リョクヨウカンラン(緑葉甘藍) 
古名 
old name
 
語源
etymology
和名は、英名の音読みから。
属名は、ラテン語の「キャベツ」から来ている。
種小名はラテン語の「畑に栽培」の意。
変種名は「無頭」の意。 
学名sn Brassica oleracea var. acephala  
英名en Kale
Collards
Flowering cabbage
Cole
 撮影地:筑波実験植物園
撮影者:東京都 山口米子様  
仏名fr Chou perpétuel de Daubenton
独名de Zierkohl
伊名it Cavolo rapa
西名es Col rizada
葡名pt Couve-de-folha
漢名ch 羽衣甘藍
植物分類 アブラナ科アブラナ属
園芸分類 二年生草本
用途use 食用/飼料
原産地
distribution
ヨーロッパ
花言葉 祝福/利益
解説
description
ケールは、アブラナ科の2年草である。ヤセイキャベツ(Brassica oleracea)からの変種として分類される。茎は直立し、草丈は1~2m程度となる。葉は円形~長円形で、キャベツのようには結球をしないので、不結球キャベツとも言われる。葉色は黄緑色・濃緑色・紫色と多様である。 
履歴 我が国へは江戸時代にオランダから渡来している。当初は食用とされている。しかし、現代まであまり栽培は普及しなかった。本種の我が国で栽培普及が始まったのは「青汁」生産・商品化が開始されて以降と言うことになる。 
県花・国花  
古典1  
古典2 『大和本草』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語  
備考