←トップ頁へ

和名 ケープ・ブルーベル
漢字表記
別名・異名 ワーレンベルギア・カペンシス
古名
語源 和名は、英名の音読みから。/属名は、19世紀スウェーデンの植物学教授だったGeorg Goran Wahlenbergへの献名/種小名は「(南アフリカ)ケープ地方の」の意。
学名 Wahlenbergia capensis
英名 Cape bluebell
仏名
独名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
下3枚の写真撮影地:ヤンチェップN.P. 
 
伊名
西名 撮影地:オーストラリア・パース
葡名 キングス・パーク
漢名
植物分類 キキョウ科ヒナギキョウ属
園芸分類 1年生草本
用途 鉢植え/製油(アロマセラピー)
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ケープ・ブルーベルはキキョウ科の1年草である。南アフリカのケープ地方での砂質干潟に自生する野草である。茎は直立し、草丈は15~50㎝程度となる。葉は狭楕円形~披針形で、縁部には歯牙状鋸歯があり、先端部は鋭頭、茎に互生する。茎・葉ともに毛深い。9~12月頃、茎下部に近い葉腋から径5㎝程度でダークブルーの5弁花を付ける。茎や葉と同様に萼片の外側も毛深くなる。 
履歴 本種は、オーストラリア南西部に帰化状態にある。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考