←トップ頁へ

検索名 ケープアロエ
撮影者:東京都 山口米子様     撮影地:星薬科大学薬用植物園  
和名jp モウシロカイ
漢字表記 猛刺蘆會
別名・異名
other name
ケープアロエ
アオワニ(青鰐)
アロエ・フェロックス 
古名
old name
語源
etymology
和名の「猛刺蘆會」は、葉に鋭い刺があることから。「青鰐」とは、その葉の色と刺のついた葉姿とから。
属名は、アラビア語のallooeh(=苦味のある)に由来している。
種小名は「強い刺のある、危険な」の意。 
学名sn Aloe ferox Mill.
英名en Bitter Aloe, Red Aloe
仏名fr L'Alouès du cap
独名de Kap-Aloe
伊名it Aloe ferox
西名es Aloe del Cap
葡名pt Aloe ferox
漢名ch 青鰐蘆會
植物分類 ツルボラン科(←ユリ科)アロエ属
園芸分類 多肉植物
用途use 薬用
原産地
distribution
南アフリカ
花言葉 健康
解説
description
日本薬局方でアロエ・エキスとあるは、このケープアロエから得られているという。草丈1m以上にも達する大型のアロエで、葉の長さも50㎝以上になる。葉の幅は10㎝程度。花は緋色で円柱状に咲き上る。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
16 39 「蘆會」