←トップ頁へ

検索名 ゲラニウム・キネレウム・スブカウレスケンス
和名  
漢字表記
別名・異名 ゲラニウム・シネレウム・サブコウレスケンス/ゲラニウム・シネレウム・サブコウレッセンス
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、geranos(=ツル)から出たギリシャ古名。長いくちばし状の果実をツルのくちばしにたとえたものとか。/種小名は「灰色の」の意。/亜種名は「亜茎の」の意。
学名 Geranium cinereum var. subcaulescens
英名 Grayleaf cranesbill
仏名 Bec de grue
独名
伊名
西名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
葡名
漢名 笝鹳鶖擩種
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類  多年生草本 
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ピレネー山脈
花言葉 変わらぬ信頼
解説 ゲラニウム・キネレウム・スブカウレスケンスは、フウロソウ科の多年草である。草丈は10㎝前後程度と低く横にロゼット状に広がりを見せるタイプである。葉は灰色帯びている。。株元から根生葉を出し、ロゼット状に広がりを見せる。7~8月頃に花茎を出し、濃紅紫色の花を見せる。花は5弁で、中心部には黒味を帯びている。花径は3㎝程度。本種の場合、花茎の途中で分枝をし、次々と多数開花するので、葉を覆い隠すようになる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考