←トップ頁へ

検索名  ゲラニウム・サングイネウム  
和名jp アケボノフウロ
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:箱根湿生花園

漢字表記 曙風露
別名・異名
other name
ゲラニウム・サングイネウム
古名old name
語源
etymology
和名の語源不詳。
属名は、ギリシャ古名のgeranosu(=ツル)を語源としている。この属の植物は長いクチバシ状の果実を持つことから。
種小名は「血紅色の」の意。
学名sn Geranium sanguineum
英名en Bloody cranesbill
Bloody geranium
仏名fr Geranium sanguin、
Géranium poupré
独名de Blutstorschnabel
伊名it Geranio sanguigno
西名es Gerani sanguini
葡名pt Gerânio-sanguineo,
Bico-de-grou-sanguineo
漢名ch 血紅老鹳草
植物分類 フウロソウ科フウロウソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え/ロックガーデン
原産地
distribution
コーカサス地方~ヨーロッパ
花言葉 変わらぬ信頼
解説
description
アケボノフウロ原産地の項に記した地の高山の草地に自生するフウロソウ科の多年草である。草丈は20~40㎝程度に。茎には白色の軟細毛が見られる。葉は掌状に7深裂する。葉にはしっかりとした堅さが感じられる。葉の裏面には脈上に毛が見られる。7~8月頃に茎頂に花柄を出し、淡紫紅色~白色の5弁花を見せる花径は4㎝前後程度。花弁の基部には白色の軟毛が見られる。本種は、我が国に自生の見られるハクサンフウロ等と良く似ている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考