←トップ頁へ

和名 ゲラニウム・プルプレウム
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様
 撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方
漢字表記
別名・異名 リトル・ロビン
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、geranos(=ツル)から出たギリシャ古名。長いくちばし状の果実をツルのくちばしにたとえたものとか。/種小名は「帯紫色の」の意。
学名 Geranium purpureum
英名 Little-Robin
仏名 Géeranium pourpre
独名 Purpur-Storchnabel
伊名 Geranio porprino
西名 Pata de graja
葡名 Bico-de-grou,
Bico-de-gou-robertino,
Erva-de-São-Roberto,
Erva-de- São-Roque,
Erva-roberta,
Pássara
漢名
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ヨーロッパ
花言葉 変わらぬ信頼
解説 ゲラニウム・プルプレウムは、フウロソウ科の多年草である。草丈は10~35㎝程度(場所によってはもっと大きくなる)となる。株元から根生葉を出し、ロゼット状に広がりを見せる。茎葉は、鳥足状葉で、3~5裂する。裂片は長さ1.5~8.5㎝程度の卵形で、更に羽状に深裂する。3~7月頃に花茎を出し、紅紫色の5弁花を見せる。花径は5~9.5㎜程度である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考