←トップ頁へ

検索名  ゲラニウム・ピレナイクム   
和名 ピレネーフウロ
撮影者:ポルトガル在住武本比登志/睦子様 

影地:ポルトガル・ベイラ地方



漢字表記 ピレネー風露
別名・異名 ゲラニウム・ピレナイクム
古名
語源 和名は、学名の直訳から。
属名は、geranos(=ツル)から出たギリシャ古名。長いくちばし状の果実をツルのくちばしにたとえたものとか。種小名は「ピレネー山脈の」の意。
学名 Geranium pyrenaicum
英名 Hedgerow geranium
Gedgegrow Crane's-bill
仏名 Géranium des Pyrénées
独名 Pyrenäen-Storchnabel
伊名 Geranio dei Pirenei
西名 Agulles
Candelers
Forquetes
Gerani pirinenc
Suassana pirinenca
葡名
漢名
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 地中海沿岸地方
花言葉 変わらぬ信頼
解説 ピレネーフウロは、フウロソウ科の多年草である。本種は、地中海沿岸地方の標高200~1900m程度の山岳地帯で、比較的乾燥した土壌に自生する野草である。概して、森林・耕作地・路傍等に自生する。草丈は50程度となる。全草は毛深く、茎の基部は木質化する。茎は直立するが上部で良く分枝をし、草丈の倍程度の横方向へ広がりを見せる。株元から根生葉を出し、ロゼット状に広がりを見せる。茎葉は、ほぼ円形で、縁部は5~7裂し、茎に対生する。4~7月頃に花茎を出し、径1㎝程度で紅紫色の5弁花を見せる。各花弁は先端部で2深裂をするために、遠目には10個の花弁があるようにも見える。花後には径5㎜程度で褐色の蒴果をつける。
履歴 本種は、地中海沿岸地方原産種であるが、ヨーロッパ各地、特に北欧地域では帰化状態にある。
更に、北米でも帰化状態にある。
我が国でも、北海道で帰化状態にあることが確認されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考