←トップ頁へ

和名 ゲラニウム’ジョンソンズブルー’
漢字表記  
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、geranos(=ツル)から出たギリシャ古名。長いくちばし状の果実をツルのくちばしにたとえたものとか。/種小名は「草原の、草原に育つ」の意。
学名 Geranium 'Johnson's Blue'
英名
仏名   
独名 栃木県真岡市井頭公園:
花ちょう遊館・高山植物館にて
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 変わらぬ信頼
解説 ゲラニウム’ジョンソンズブルー’はフウロソウ科の多年草である。本種は、ゲラニウム・ヒマライエンセ種とノハラフウロ種との交雑のよって作出されたハイブリッド種である。草丈は30~60㎝程度に。株元から根生葉を出し、ロゼット状に広がりを見せる。6~7月頃に花茎を出し、鮮やかなブルーのを見せる。花径は4.5~5㎝程度。本種は、結実を見ないハイブリッド種であるために、増殖は株分けによると言うことになる。
履歴 本種はGeraniumu himalayense種とGeranium pratense種との交雑により作出された園芸品種である。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考