←トップ頁へ

検索名  ゲラニウム・ファエウム   
和名jp クロバナフウロ  
漢字表記 黒花風露  
古名old name  
別名・異名
other name
ゲラニウム・ファエウム  
語源
etymology
和名は、花色から。
属名はギリシャ語のgeranos(=ツル)に因んでおり、長いくちばし状の果実の形状から。
種小名はギリシャ語のphaios(=暗い)の意から。花色を示している。 
学名sn Geranium phaeum  撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:筑波実験植物園
英名en Dusky cranesill,
mourning widow
Black widow 
仏名fr Géranium livide
Géranium brun
独名de Brauner Stochschnabel
伊名it Geranium phaeum
西名es Geranium phaeum
葡名pt
漢名ch
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
地中海~バルカン半島~ピレネー山脈
花言葉 変わらない愛情  
解説
description
クロバナフウロはフウロソソウ科の多年草である。草丈は50~80㎝程度。葉は掌状で5~7裂し、茎に互生する。葉や茎には白色の細毛が目立つ。特に花の蕾は長い白色の細毛が覆う。5~8月頃、茎上部に集散花序を出し、濃紫色の花を下垂する。花は5弁花で花茎は1.5㎝程度。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考