←トップ頁へ

和名 ゲンノショウコ
漢字表記 現証拠
別名・異名 タチマチグサ/ミコシグサ/イシャイラズ
古名 タチマチグサ(太知末知久佐)
語源 和名は、昔から民間薬として用いられ、飲めば即座に効果が現れるの意から。/属名は、ギリシャ古名のgeranion(=鶴)に由来しており、長い嘴状の果実をツルの嘴に見立てたと言われている。/種小名は、「ネパール産の」の意。
学名 Geranium nepalense 栃木県日光市:大笹牧場にて
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 尼泊爾老鸛草
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(グランドカバー)/薬用/染料
原産地 日本/中国/ヒマラヤ地方
花言葉 心の強さ
解説 ゲンノショウコは、フウロソウ科の多年草である。草丈は30~70㎝程度。茎は地を這い分枝する。葉は掌状に3~5裂する。葉の表面には暗紫色の斑点がみられる。7~8月頃に5弁の花を見せる。花色は白色、淡紅色、紅紫色と変化がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『大和本草』、『和漢三才図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考