←トップ頁へ

和名jp ゲッカコウ  
漢字表記 月下香
別名・異名
other name
チューベローズ
ポリアンテス・ツベロサ
古名old name
語源
etymology
和名は夜間に芳香を強く放つことから。
属名は、ギリシャ語のagaue(=高貴な、貴族)を語源としている。
種小名は「塊茎のある」の意。
学名sn Agave tuberose
(=Polianthes tuberosa)
  撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:筑波実験植物園

英名en Tuberose
仏名fr Jacinthe des Indes
Tubéreuse
独名de Tuberose
Nachthyazinthe
伊名it Polianthes
Tuberosa 
西名es スペイン→
 Nardo
 Narod com
 Tuberose
 Vara de nardo
メキシコ→
 Amiga de noche
 Amole,
 Azucena
 Nardo,
葡名pt Angélica
Angélica-de-bastão,
Angélica-dos-jardins,
Jacinto-da-india,
Tuberosa
漢名ch 晩香玉
夜来香
月下香
植物分類 キジカクシ科(←リュウゼツラン科)リュウゼツラン属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/路地植え(暖地)/精油/香料
原産地
distribution
メキシコ
花言葉 危険な楽しみ、危険な関係
解説
descriptionn
ゲッカコウはキジカクシ科(←リュウゼツラン科)の多年草である。草丈(花茎)は1m程度となる。葉は、ほぼ線状とも言える狭剣形で、10個程度が混生し、基部では茎を抱く。7~9月頃、花茎を伸ばし、その先に穂状花序をつけ、白色6弁花を20~30個程度付ける。開花地には、夜間に強い芳香を放つ。我が国の園芸界では、和名の「ゲッカコウ(月下香)」よりも、英名を音読みした「チューベロズ」名で流通を見ている。
履歴 本種は、寛政年間(1789~1800)に我が国に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考