←トップ頁へ

和名 ゲイソッソリーザ・インブリカタ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語の「タイル」と「根」の合成語から。/種小名は、「重なり合った」の意。
学名 Geissorhiza imbricta 撮影地:筑波実験植物園
英名
仏名
独名
伊語
西名
葡語
漢名
植物分類 アヤメ科ゲイッソリーザ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 心弾む知らせ
解説 ゲイッソリーザ・インブリカタは、アヤメ科の球根植物である。ゲイッソリーザ属の植物は南アフリカ並びにマダガスカル島に分布し、70種程度が存在すると言われている。開花期は3~4月頃で、5,6月頃には地上部が枯死し休眠に入る。花は、明るく温暖な日には開花し、寒冷で曇天の日には閉じたままの状態で、一週間程度開花状態となる。葉は細い線形で、花茎も細い。花茎は細いが針金状で丈夫である。草丈は15~20㎝程度。
履歴 我が国では、ロケンシス種が昭和57年に初めて紹介されている。英名のワイン・カップの名で流通している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考