←トップ頁へ

和名 カヤツリグサ  
漢字表記 蚊帳吊草  
別名・異名 マスクサ(枡草)/トンボグサ  
古名     
語源 和名は、茎を二人で裂くと4本に分かれて四辺形が出来、丁度蚊帳を吊ったように見えるという昔の子ども達の遊びから。/属名は、古代ギリシャ語のkupeiros(=スゲ)を語源としている。/種小名は、「種に似て小さい」の意。
学名 Cyperus microiria Steud.
英名 Umbrella-sedge/galingale
仏名
独名
伊名
西名 群馬県館林市にて
葡名
漢名 黄穎莎草
植物分類 カヤツリグサ科カヤツリグサ属
園芸分類 一年性草本
用途 野草/薬用
原産地 世界の熱帯〜温帯/日本の場合は本州以南
花言葉 伝統/歴史
解説 カヤツリグサは草丈30〜40pの一年性草本である。茎は三角柱状で、光沢があり滑らかである。ひげ根が紫色なのが大きな特徴。 
履歴  
県花・国花  
古典1 『近松浄瑠璃集』、  
古典2 『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』 
季語  
備考