←トップ頁へ

和名 カサブランカ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名品種名は、モロッコの都市名 Casa Blancaの名に因んでいる。Casa(=家) blanca(=白)という意味で白い家が建ち並ぶことで知られている。/属名は、ケルト語のli(=白い)とium(=花)に由来し、ヨーロッパで「白い百合」として愛されたマドンナ・リリー(Lilium candidum)を指していると言われている。
学名 Lilium 'Casa Blanca'  
英名 Casa Blanca Oriental lily
仏名 Lis oriental 'Casablanca'
独名 Lilie 'Casablanca'
伊名
西名
葡名
漢名 卡薩布蘭卡
植物分類 ユリ科ユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 園芸作出品種
花言葉 上品
解説 カサブランカは、ユリ科の多年草である。本種は、下欄とも重複するが、1970年代にオランダで作出されたハイブリッド種である。西洋社会では、古来より、白花ユリのマドンナ・リリー(Lilium candidum)が「清純」・「純潔」等の象徴として文化史的に珍重されてきた。しかし、マドンナ・リリーは、長いこと原産地も不明であり(近年判明している)、しかも、病弱なため育てにくいと言う欠点があった。そこで、我が国のテッポウユリが渡欧すると、マドンナ・リリーに取って代わるようになってきた。だが、テッポウユリの場合、花径が小さいという難点があった。そこで、マドンナ・リリーに取って代わるユリの作出が行われ、我が国のヤマユリ、カノコユリ、ササユリの交雑により作出されている。本種の出現は世界的に一大ブームを起こし、本種には「ユリの女王」との異名がついたほどである。本種の草丈は。60~150㎝。6~7月頃、茎上部に総状花序を出し、径20~25㎝程度で純白色の花を多数(10個以上)つける。本種は、開花時に強い芳香を放つ。因みに本種は、切り花用として作出されている。 
履歴 本種は、1970年代にオランダで作出されている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考