←トップ頁へ

検索名  カラテア・ゼブリーナ   
和名 トラフヒメバショウ  
漢字表記 虎斑姫芭蕉
別名・異名 カラテア・ゼブリーナ
古名 都立夢の島熱帯植物園→
語源 和名別名共に、葉に見られる縞模様から。/属名はギリシャ語で「籠」を意味するが、その由来については諸説に分かれる。/種小名は「シマウマのような縞のある」の意。
学名 Calathea zebrina
英名 Zebra plant
仏名  Calathea zebrina   撮影者:東京都 中村利治様↑
独名  Korbmarante  茨城県立植物園にて↓ 
伊名  calatea      撮影者:GKZ↓
西名  Calatea cebra
葡名  Caratéia-zebra 
漢名   絨葉肖竹芋/斑葉竹芋
植物分類 クズウコン科カラテア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 ブラジル南東部
花言葉
解説 トラフヒメバショウは、クズウコン科の多年草である。和名も英名も学名も、葉に見られる美しい縞模様に由来している。カラテア属の中では比較的大型種であり、草丈は1m程度。葉身は楕円形で、長さ60㎝、幅30㎝となる。葉の表面はビロウド状の光沢が見られる。裏面は赤紫色。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考