←トップ頁へ

和名 カラテア・ウンドゥラータ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のkalathos(=籠)を語源とし、、葉に白い斑が横に入ることから。/種小名は「波状の」の意。
学名 Calathea undulata
英名
仏名
独名    撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:新宿御苑
西名
葡名
漢名 邊竹芋
植物分類 クズウコン科カラテア属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 鉢植え/切り葉
原産地 ブラジル~ペルー
花言葉
解説 カラテア・ウンドゥラータはクズウコン科の常緑多年草である。草丈は15~30㎝程度。葉は、濃緑色で、長い葉柄を持った卵形~楕円形で、互生する。葉の表面は学名に示されるように葉脈(支脈)に沿ってうねるように波を打つ。葉の中央部(主脈部位)に白色の斑模様が入る。6~8月頃、葉腋~花茎を伸ばし、先端部に総状花序をつけ、白色の小花を付けるが鑑賞に堪える程ではない。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考