←トップ頁へ

和名 カラテア・オルナータ”ロゼリオリネアータ”
漢字表記
別名・異名 ロゼリオリネアータ
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語で「籠」の意。葉に白い斑が横に入ることから。/種小名は「飾った、華美な」の意。/品種名は「バラ色で装飾した」の意。
学名 Calathea ornata 'Roseolineata'
英名
仏名
独名
伊名 茨城県立植物園にて
西名
葡名
漢名
植物分類 クズウコン科カラテア属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 鉢植え/切り葉
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 カラテア・オルナータ’ロゼリオリネアータ’はクズウコン科の常緑多年草である。本種は、コロンビアからヴェネズエラにかけて自生の見られるCalathea ornata種から作出された園芸品種である。草丈は1m前後程度となる。葉は長さ40~50㎝、幅15~20㎝となる。葉色は、濃緑色地に葉脈に沿って桃白色の模様が入る。葉裏は、光沢のある暗赤色となる。概して日陰を好む植物である。
履歴 我が国へは昭和初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考