←トップ頁へ

和名 カラテア・レオパルディナ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語で「籠」を意味するが、その由来については諸説に分かれる。/種小名は「豹のような」の意。
学名 Calathea leopardina
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名 Maranta-leopardo
漢名 豹紋竹芋
植物分類 クズウコン科カラテア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 ブラジル
花言葉 茨城県立植物園にて
解説 カラテア・レオパルディナはクズウコン科の多年草である。草丈は40㎝前後程度で、同属の中では比較的小形のタイプである。に。葉は根出葉で、長い葉柄を持ち、長さ10~15㎝程度の卵形で、全縁、鋭頭。葉縁は緩やかな波を打ち、葉裏は黄緑色となる。葉には光沢があり、淡緑色地に濃緑色の矢羽根模様が入る。花は、茎基部に黄色のあまり目立たない筒状花をつケる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考