←トップ頁へ

和名 カラテア・ムサイカ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語で「籠」を意味するが、その由来については諸説に分かれる。/種小名は「モザイク状の」の意。
学名 Calathea musaica
英名 Calathea network
仏名
独名 栃木県岩舟町:栃木花センターにて
伊名
西名
葡名
漢名 撒金竹芋、馬賽克竹芋
植物分類 クズウコン科カラテア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 ブラジル
花言葉
解説 カラテア・ムサイカはクズウコン科の多年草である。学名に見られるように、葉の表面に葉脈が網目模様状に見られる点で人気のある種である。花は、白色の筒状花である。葉は根出葉で、長い葉柄を持つ。葉形は広卵形で、長さ20~30㎝程度、幅は10㎝前後である。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考