←トップ頁へ

検索名 カラテア・クロタリフェラ
和名    撮影者:東京都 須田様
漢字表記
別名・異名 カラテア・クロタリフェラ
古名
語源 属名のCalatheaはギリシャ語の「手籠」のことで、花姿から命名されているという。/種小名は「ガラガラのある」の意。
学名 Calathea crotarifera
英名 yellow rattle shaker
仏名 Serpent à sonnette
独名    夢の島熱帯植物園にて
伊名
西名 Bijagua bijaguillo,Cascabel
葡名 Caete-guizo-cascavel
漢名 响尾蛇竹芋
植物分類 クズウコン科カラテア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/観葉植物
原産地 メキシコ・パナマ・エクアドル
花言葉 強い思い、母性
解説 カラテア・クロタリフェラはクズウコン科の多年草である。概して、カラテア属の植物は、葉の模様が鑑賞の対象とされるケースが強いが、本種の場合、葉に模様は入らない。葉の形状はどちらかと言えばミズカンナにも似ている。草丈は原産地では2mを超えると言われている。写真に見られるように茎頂に穂状についた独特な形状の苞が鑑賞の対象とされる。橙色~黄色の苞は2列に互生し、その苞の間からショウガの花を連想されるような黄色い小花を見せる。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考