←トップ頁へ

検索名 カラテア・インシグニス
和名 ヤバネシハイヒメバショウ
漢字表記 矢羽根紫背姫芭蕉
別名・異名 カラテア・インシグニス
古名
語源 和名は、「矢羽根模様で葉の裏面が紫色を見せる小型の芭蕉のような」の意。/属名は、ギリシャ語で「籠」の意。共に、葉に白い斑が横に入ることから。/種小名は「抜群の、秀でた」の意。
学名 Calathea lancifolia (=Calathea insignis =Maranta insignis )※
英名 Rattlesnake plant/olive blotch calathea
仏名
独名 写真(上・中)撮影者
伊名 大阪府 藤井 勝様
西名 咲くやこの花館にて
葡名 Maranta-cascavel
漢名 箭羽竹芋
植物分類 クズウコン科カラテア属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 鉢植え/切り葉
原産地 ブラジル
花言葉
解説 ヤバネシハイヒメバショウはクズウコン科の常緑多年草である。観葉植物として鉢植え,切葉用。草丈は30~100㎝程度。葉の上面は淡黄緑色で濃緑色の矢羽根模様入り、裏面は暗赤紫色で長さは8~55㎝。 葉の表裏のコントラストが美しいカラテアである。
履歴 我が国へは昭和初期に渡来している。
県花・国花
古典1 都立八丈植物園にて
古典2 撮影:GKZ
季語
備考