←トップ頁へ

和名 カラテア・ロセオピクタ 'エイシアン・ビューティ'
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語で「籠」を意味するが、その由来については諸説に分かれる。/種小名は「バラ色に彩られた」の意。
学名 Calathea roseopicta 'Asiian Beuaty'
英名 Rose painted Calathea
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 撮影者:東京都 山口米子様

 撮影地:京都府・宇治市植物公園
植物分類 クズウコン科カラテア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え(観葉植物)
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 カラテア・ロセオピクタ 'エイシアン・ビューティ'はクズウコン科の多年草である。花は、クリーム色を帯びた白色の筒状花である。花被片は桃紫色で縁取られる。草丈は50㎝程度、或いはそれ以上となる。葉は、葉柄も含めると長さは30㎝以上となる。葉は、根出葉で、長い葉柄を持ち、幼葉の内は、中軸がローズ・ピンクに出て、やがて、成葉になると緑色へと変わる。葉形
は広卵形で葉裏は紫褐色となる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考