←トップ頁へ

和名 カンナ・グラウカ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語でイネ科のアシを意味している。花茎が水辺に生えるアシに似ていることから。/種小名「白粉を被ったような、帯白色の」の意。
学名 Canna glauca
英名 Water Canna, Louisiana Canna, Maraca amarilla 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
仏名
独名
伊名
西名 Achira
葡名 Piriquiti
漢名 粉美人蕉
植物分類 カンナ科カンナ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 中央アメリカ
花言葉
解説 カンナ・グラウカはカンナ科の多年草である。原産地では概して湿地帯に自生が見られるという。草丈は1〜1.5m程度。葉は、我が国で園芸栽培されているカンナよりも幅狭い卵状披針形で、長さは30〜40p程度。葉は学名にも示されているように粉白色である。6〜10月頃、茎頂に写真に見られるような形状の花を穂状につける。花色は、本来的には白色のようであるが、白色、桃色、赤色等と多彩である。
履歴 1930年にイギリスに渡っている。我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考