←トップ頁へ

検索名 カニガヤ
和名 アブラガヤ
漢字表記 油茅
別名・異名 ナキリ/カニガヤ
古名
語源 和名は、花穂が油色をしており、加えて油くさいからと言われている。/属名は、「イグサ(もしくはイグサの仲間)に似た植物」のラテン名から。/種小名は「採集者ウィチュラの」の意。
学名 Scirpus wichurae
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡実
漢名 球穗藨草、茸球藨草
植物分類 カヤツリグサ科アブラガヤ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 東京大学付属日光植物園にて
解説 アブラガヤは、カヤツリグサ科の多年草である。我が国各地の山地や丘陵の湿地に自生が見られる野草である。草丈は1~1.5m程度。茎は三角状で艶がある。葉長は40~60㎝程度。7~10月頃に葉の上部で葉腋から写真に見られるような花穂を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考