←トップ頁へ

検索名  カマシア・クシッキー 
撮影者:千葉県 三浦久美子様 

撮影地:筑波実験植物園 
 
和名 ヒロハヒナユリ
漢字表記 広葉雛百合
別名・異名 カマシア・クシッキー
古名
語源 和名は、広葉のヒナユリ(Camassia quamash)の意から。/属名はアメリカ先住民チヌーク(Chinook)族の原語チヌーク語から。/種小名はアメリカの植物学者Wiilliam Cusick氏の名に因んでいる。
学名 Camassia cusickii
英名 Wild Hyacinth,
Cusick's Camas
仏名 Camassie de Cusick
独名 Prarielilie heimisch
伊名
西名
葡名
漢名 淡藍克美蓬、庫氏克美蓬
植物分類 ユリ科カマシア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/食用(球根)
原産地 北米
花言葉
解説 ヒロハヒナユリはユリ科の多年草である。アメリカの低湿地に自生の見られる野草である。アメリカの先住民はこの球根を食用にしていたという。草丈は30~130㎝程度。葉は濃緑色で線形、長さは20~80㎝程度。6~7月頃に6弁の淡青紫色の花を見せる。原産地では群落を構成するので、草原全体が青く見える程という。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考