←トップ頁へ

和名 ガジュツ
漢字表記 莪朮
別名・異名 ムラサキウコン(紫鬱金)
古名 撮影地:夢の島熱帯植物館→
語源 和名は、漢名「莪朮」の中国読みから。/属名のクルクマはアラビア語の「黄色」から。/種小名は本種のペルシャ名をラテン語化下物。
学名  Curcuma zedoaria 
英名 Zedoary,White turmeric
仏名 Zedoaire
独名 Zitwerwurzel,Ziter,Weiße Curcuma
伊名 Curcuma zedoaria
西名 Cedaria
葡名 Zedoária
漢名 莪朮
植物分類  ショウガ科ウコン属   撮影者:東京都 中村利治様
園芸分類 多年生草本 撮影地:東京都薬用植物園↓
用途  食用/薬用/染料/香辛料  
原産地 日本(屋久島~沖縄)~熱帯アジア
花言葉 乙女の香り
解説 ガジュツは、ショウガ科の多年草である。草丈は1m前後に。根茎は肥大し、良く分岐をする。根茎の内部は淡青色で、特有の芳香を持つ。葉姿は長い葉柄を持ちカンナにも似た葉身をつける。葉長は70㎝程度で、主脈に沿って紅紫色を帯びる。春~夏にかけて根茎から直接花茎を立ち上げる。下部の苞は緑色だが、上部の苞は紅紫色を帯びる。花は淡黄色の漏斗状で角苞の基部から1個づつ出る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
 
 
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
16 136 「墨汁」