←トップ頁へ

和名 ガガイモ
漢字表記 蘿藦
別名・異名 カガミグサ/カガミイモ/ラマソウ/ラマイモ
古名 羅摩(カカミ)/蘿藦(カガミ)
語源 和名は、古名のゴマミ(胡麻実)からカガミイモと転訛し、やがてガガイモへと転訛したとする説他多数ある。/属名は、ギリシャ語のmeta(=共に)とpleco(=編む)の合成語から。
学名 Metaplexis japonica Makino 群馬県館林市城沼自然探勝路にて
英名 Gaga-imo, Rough potato
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 蘿藦
植物分類 キョウチクトウ科(←ガガイモ科)ガガイモ属
園芸分類 蔓性多年性草本
用途 薬用(種子・葉)/食用(若葉・根茎)
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 清らかな祈り
解説 ガガイモは、キョウチクトウ科の蔓性多年草である。葉は対生し、細長い心臓形で2~5㎝程度の葉柄を持つ。葉腋から総状花序を出し、6~8月頃に薄紫色の花を見せる。花冠は5裂し、径は1㎝程度。内面には毛が密生する。
履歴
県花・国花
古典1 『古事記』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『物類呼称』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考