←トップ頁へ

和名 プセウデランテムム・リラキナム
撮影者:東京都 中村利治様↓
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpseudo(=接頭語で偽の意。)とeranthemumu(=キツネノマゴ科のルリハナガサ属)の合成語で「ルリハナガサモドキ」の意となる。/種小名は「藤色の、ライラック色の」の意。
学名 Pseuderanthemum lilacinum
英名
 仏名  
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キツネノマゴ科ルリハナガサモドキ属
園芸分類  常緑多年草(亜低木) 
用途 観葉温室植物/鉢植え
原産地 マレー半島
花言葉 撮影地:筑波実験植物園
撮影者:千葉県三浦久美子様↓
解説 プセウデランテムム・リラキナムは、キツネノマゴ科の常緑多年草(亜低木)である。草丈は1~2m程度に。葉は長い葉柄を持った披心形で、全縁、鋭頭、枝に対生する。葉の表面には幾分光沢がある。ほぼ周年開花で、茎頂に穂状花序を出し、長い花筒を持った花をつける。花冠は4裂し、上の裂片はさらに2裂する。花色は、短青紫色~白色。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考