←トップ頁へ

和名 プリムラ・シッキネンシス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のPrimullaとは、ラテン語で「最初の」の意。春早く花を見せることから。/種小名は「シッキム(インド北部でヒマラヤ山脈南麓)のの意。
学名 Primula sikkimensis 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名 Himalayan Cowslip
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
錫金報春・黄花報春花
植物分類 サクラソウ科サクラソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/原産地では駆虫剤として用いるという。
原産地 インド北東部/ブータン/ネパール西部/中国西南部
花言葉 永遠の愛
解説 プリムラ・シッキネンシスはサクラソウ科の多年草である。ヒマラヤ山麓の4000m級の高地に自生するという。草丈(花茎)は50~60㎝と桜草の仲間内では背丈が高い。葉はすべて根出葉で、長い葉柄を持った長楕円形で、縁には不規則な鋸歯を持つ。花茎の周囲には白色の細毛が見られる。葉の先端は鈍頭。長い花茎は、茎頂で分枝状に多数の花柄を出し、基部が筒状の黄色い花をつける。花冠は5裂する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考