←トップ頁へ

和名 フウセンカズラ
漢字表記 風船葛
別名・異名
古名 撮影地:東京都足立区内→
語源 和名は、英名のBaloon vineから。/属名は、ギリシャ語のcardia(=心臓)とsperma(=種子)の合成語で、黒色球形の種子にハート型の紋があるため。/種小名は「膀胱のような」の意。
学名 Cardiospermum halicacabum L.
英名 Baloon vine/Heart pea/Heart seed
仏名 Coeur des Indes,Pois de coeur  ↑撮影者:東京都 中村利治様↓
独名 Ballonrebe
伊名 撮影地:東京都足立区内→
西名 Bolsilla,Bombilla,Farolitos,
葡名 Baläzinho
漢名 倒地鈴
植物分類 ムクロジ科フウセンカズラ属
園芸分類 蔓性一年生草本
用途 パーゴラ/フェンス/鉢植え/グリーンカーテン/薬用
原産地 東南アジア/中南米
花言葉 御身と飛行しよう/多忙
解説 フウセンカズラはムクロジ科の蔓性一年草で、複雑に分かれた浅緑色の葉と細い蔓を持つ。各葉腋には巻きひげをつけた花房を伸ばす。花は5㎜ほどの小花で、鑑賞にあてるほどではない。花が落ちると、3稜を持った蒴果をつけ、次第に大きくなるとともに風船状に丸く膨らんで、径2㎝ほどになり、下垂する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  ↑ 八丈島にて ↓/撮影GKZ
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
8 298 「酔蝶花」