←トップ頁へ

和名jp フモトスミレ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:お伊勢山遊歩道  
漢字表記 麓菫
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は概して山麓で見かけるスミレの意から。
属名は、スミレのラテン古名から。
種小名は「シーボルトの」の意。
学名sn Viola sieboldii
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)~朝鮮半島
花言葉 謙虚・誠実・小さな幸せ
解説
description
フモトスミレはスミレ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の概して日当たりの良い林縁や林下に自生の見られるすみれである。草丈は3~6㎝程度となる。葉は長さ1~2.5㎝程度、幅1~2㎝の卵形で、縁部には鋸歯を見せ、基部では心形となり葉柄に連なる。葉の表面は緑色であるが葉裏は紫色を帯びる。3~5月頃、花茎を立ち上げ、径1㎝程度で白色の花をつける。唇弁に紫~赤紫色の条線模様が入る。
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考