←トップ頁へ

和名 フジアカショウマ
漢字表記 富士赤升麻
別名・異名
古名
語源 和名は、富士山に自生の見られるアカショウマの意。因みに、アカショウマとは地下茎の根皮の色が赤黄色~赤色であるため。また、ショウマとはサラシナショウマの根茎から得られる生薬名である。/属名のAstilbeとはギリシャ語のa(=無)とstilbe(=光沢)の合成語で「光沢がない」という意味。原種とされたインド産の葉には光沢がなかったことからという。/種小名は、スゥエーデンの植物学者で我が国の植物を研究したC.P.ツンベルクへの献名。/変種名は「富士山の」の意。
学名 Astillbe thunbergii var. fujisanensis 撮影者:東京都 中村利治様
英名 撮影地:箱根湿生花園
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ユキノシタ科チダケサシ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本固有種(神奈川・山梨・静岡)
花言葉
解説 フジアカショウマは、ユキノシタ科の多年草である。アカショウマの変種として分類されている。富士山を中心に周辺の山地の草原に自生の見られる野草である。地下に太い根茎を持ち、根皮の色が赤味を帯びていることが名前の由来となっている。草丈は母種のアカショウマよりも小形となり、30㎝前後程度となる。茎は赤味を帯びており、葉には光沢がある。葉は根出し、3回3出複葉で、小葉の縁には重鋸歯がある。6~7月頃、長い花茎を伸ばし、上方に10~20㎝程度の複総状花序をつけ、白色の小花を多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考