←トップ頁へ

和名 フェディア・コルヌコピアエ
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様


撮影地:ポルトガル・アルガルベ地方



漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名の語源不詳。/種小名はギリシャ語のcornu(=角)とcopiosa(=たくさんの)の合成語から。
学名 Fedia cornucopiae
英名 African Valerian
Horn-of -plenty
仏名 Fédia corne
独名 Füllhorn-Fedie
伊名 Fedia cornucopiae
西名 Zapiatitos del Señor
葡名 Alface-de-argel
Cornucópia
漢名
植物分類 スイカズラ科(←オミナエシ科)フェディア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/食用/薬用
原産地  イベリア半島~北アフリカ
花言葉
解説 フェディア・コルヌコピアエは、スイカズラ科(←オミナエシ科)の多年草である。多肉質で無毛の茎を持ち、丈は35㎝程度となる。葉は卵形~楕円形で、縁部には粗い鋸歯を持ち、先端部は尖り、基部は茎を抱き、茎に対生する。2~4月頃、茎頂に複散形花序を出し、紅紫色(希に白色もあると言う。)の筒状花を多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   
   
   
   本種の白花種→