←トップ頁へ
検索名  フェアリー・ベル   
和名 メラスフェルラ・ラモサ
漢字表記
別名・異名 フェアリー・ベル
語源 和名は、学名の音読みから。/別名は、英名から。/属名はギリシャ語のmelas(=黒色)とsphaerula(=小球)の合成語から。/種小名は「分枝をした、枝を広げた」の意。
学名 Melasphaerula ramosa
英名 Fairy bell
仏名 Melasphaerula ramosa
独名 Melasphaerula ramosa
伊名 Melasphaerula ramosa
西名 Melasphaerula 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。

葡名
漢名 尖弁菖蒲
植物分類 アヤメ科メラスフェルラ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/押し花
原産地 南アフリカ・ケープ地方
花言葉
解説 メラスフェルラは、アヤメ科の多年草である。草丈は80㎝前後程度までに。葉は剣状。花茎は針金状でねじれを見せる。3~5月頃に細い花茎に穂状花序に1㎝程度の黄色い小花を見せる。花弁は薄く紙細工のようでもある。そのために押し花の世界では非常に人気の高い植物でもある。あまり耐寒性はなく5℃以上が望ましいとも言われている。また夏場には休眠する性質を有するので管理には注意が必要。
履歴 我が国への渡来時期不詳。我が国での歴史は浅く、昭和末期から平成に入ってからと推測される。
県花・国花
古典
季語
備考