←トップ頁へ

検索名 ブリジット・ブルーム
和名 ヒューケレラ・ブリジット・ブルーム
漢字表記 ヒューケレラ・ブリジット・ブルーム
別名・異名 ブリジット・ブルーム
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は本種が等しくユキノシタ科のヒューケラ属(Heuchera)とティアレラ属(Tierella)間の属間交配によるために、両者の属名の合成語となっている。
学名 × Heucherella cv. Briggite blume
英名
仏名
独名
伊語
西名
葡語
漢名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
植物分類 ユキノシタ科ヒューケレラ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/ロックガーデン
原産地 園芸作出品種(フランス)
花言葉 きらめき、恋心
解説 ヒューケレラは、ユキノシタ科の多年草である。本種は、ユキノシタ科のツボサンゴ属(Heuchera)とズダヤクシュ属(Tiarella)との異属間交配によって得られた園芸植物である。ツボサンゴ属には葉色に各種の変化があり、一方のズダヤクシュ属の葉には切れ込みがあり、この双方の特徴を採り入れる目的で交配が試みられたという。両者共に花茎が立ち上がる点では似ているので、本種も同様の姿を見せる。葉姿は、ツボサンゴ属に似て冬葉と春葉とでは色が異なるという性質も有している。葉縁には鋸歯状の緩やかな切れ込みがあり、葉縁並びに花茎・萼等には白色の軟細毛が密生している。
履歴 1912年、フランスの エミル・ルモアンによって初めて交配されました。その後、アメリカで各種の園芸品種が作出されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考