←トップ頁へ

検索名  ブラック・ホアハウンド   
和名 ニガハッカ
漢字表記 苦薄荷
別名・異名 ブラック・ホアハウンド/バロータ・ニグラ
古名
語源 和名は、英名の音読みからである。因みに、英名は別属(マルビウム属)のホワイト・ホアハウンド(学名:Marrubium valgare)に対する命名。/属名は、ギリシャ語のballo(=拒絶)を語源とし、悪臭が強いので牛でさえもこの草を食べないことからという。/種小名は「黒色の」の意。
学名 Ballota nigra
英名 Black horehound
仏名 Ballote noire,Ballota nigra 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
独名 Schwarznessel,Stink-andorn,
Schwarzer Gottvergess
伊名 Marrubio selvatico,
Cimiciota comune
西名 Marrubio fétido,Marrubio bastardo
葡名 Ballota,Erva-das-lamparinas,
Erva-dos-pavios,Marroio-Negro
漢名 黒夏至草
植物分類 シソ科バロータ属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用/精油
原産地 地中海地方~西南アジア
花言葉
解説 ブラック・ホアハオウンドはシソ科の多年草である。英名のホアハウンドとは、和名ではニガハッカと呼ばれているが、このニガハッカにはホワイト・ホアハウンドと本種ブラック・ホアハウンドとがある。分類上では、両者は別属に別れている。一般的に、ハーブの世界ではホアハウンド、もしくは和名のニガハッカと言う場合には、白花種であるホワイト・ホアハウンドを意味することになる。本種はホワイト・ホアハウンドよりも幾分草丈は高くなり、50~120㎝程度となる。茎・葉・萼には白細毛が密生する。葉は卵形~長楕円形で、縁には鋸歯があり、茎に対生する。6~8月頃、葉腋に紅紫色の小花をつける。全草に悪臭を持ち、非常に繁殖力の強い植物である。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考