←トップ頁へ

検索名 ポーチュラカ
和名 ハナスベリヒユ
漢字表記 花滑莧
別名・異名 ポーチュラカ/パースリン
古名
語源 和名は、花が見事なスベリヒユの意。/属名はラテン語のporta(=入り口)を語源とし、果実が熟すと蓋が開くから。/種小名は「畑に栽培の」の意。
学名 Portulaca oleracea 'Wild Fire'
英名 Rose Moss/Eleven o'clock/Purslane/Wax Pink/Sun Plant/Pigface
仏名 群馬県明和町にて
独名
伊名
西名 Verdolaga
葡名 Beldroega,Bredo-de-porco,Caoanga
漢名 大花馬歯莧
植物分類 スベリヒユ科スベリヒユ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南米
花言葉 無邪気
解説 ハナスベリヒユは、スベリヒユ科の多年草である。草丈15~30㎝程度。非常に乾燥に強い植物で、真夏の炎暑の中でも毎日花を見せる。花期は6~10月頃。花径は3~5㎝程度。花色は、赤、黄、ピンク、白等と多彩。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考