←トップ頁へ

検索名  ホザキランタナ(穂咲ランタナ) 
和名 jp  ナガホソウ 'レッド・コンパクタ' 
漢字表記 長穂草 'レッド・コンパクタ'
↑撮影者:沖縄県 比嘉善一様↓

撮影:GKZ/とちぎ花センター↓
 
別名・異名
another name
ホザキランタナ(穂咲ランタナ)
古名old name
語源
etymology
和名は、青紫色花をつけるナガボソウに対して本種の場合、赤花をつけることから。葉に縮緬状の皺があることから。
属名は、ギリシャ語のstachys(=穂状花)とtarphys(=太った)の合成語から。
品種名は「赤花で小形種の」の意。
学名sn Stachytarpheta 'Red compacta'
英名en Dwarf red false vervain
仏名 fr
独名 de
伊名it
西名es 撮影地:北中城村
葡名pt
漢名ch
植物分類 クマツヅラ科ナガボソウ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 use 路地植え/鉢植え 
原産地
distribution
園芸作出品種
花言葉
解説
description
ナガホソウ 'レッド・コンパクタ'はクマツヅラ科の多年草である。草丈30~60cm程度。茎は基部でよく分枝して4稜を持ち、節がある。葉は卵円形~長楕円形で茎に対生する。葉は短い葉柄を持ち長さ3~8cm、幅1.2~5cm程度。葉縁には鋸歯が見られる。本種はほぼ周年開花で、花穂は長さ20~50cm程度の太い円柱形(穂状花序)で、下から順次咲きあがる。花色は赤色の径7mm前後で、先端は5裂する。
履歴 ナガボソウの仲間は、熱帯アメリカ原産種であるが、現在、世界各地の熱帯・亜熱帯地域では帰化状態にある。我が国でも、小笠原諸島や南西諸島等では等しく明治期頃より帰化状態となっている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考