←トップ頁へ

和名 ホザキモクセイソウ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:小ポルトガル コスタ・アズール地方
 
漢字表記 穂咲木犀草
別名・異名 ホソバモクセイソウ(細葉木犀草)
レセダ・ルテオラ
ウエルド
古名 Gonda、Gauda、Lírio-dos-tintureiros
語源 和名は、開花時にモクセイに似た芳香を放ち、花穂が顕著なことから。
属名はラテン語で「静める、和らげる」の意。
種小名は「帯黄色の」の意。
学名 Reseda luteola
英名 Dyer's rocket
Dyer's weed
Weld
Woold
Yellow weed
仏名 Réséda des teinturiers
Réséda jaunâtre
Gaude
Grand réséda
Herbe à jaunir
Mignonette jaunâtre
独名 Färberwau
Dyewax
Weld
伊名 Resda gbiondella
西名 Gabarro
Gualda
Accote
Mosquito
Cola de zorro
Gasparilla
葡名 Gonda
Gauda
Lilio-dos-tintureiros
漢名
植物分類 モクセイソウ科モクセイソウ属
園芸分類 1年生草本
用途 薬用・染料
原産地 ユーラシア・北アフリカ
花言葉 陽気・快活・魅力・性格の良さ・あなたを慕う・見かけ以上の人・あなたは素晴らしい可能性を秘めている
解説 ホザキモクセイソウはモクセイソウ科の1年草である。茎は直立し、草丈は40~80㎝程度となる。根出葉は地に伏しロゼットを構成する。葉は狭楕円形で、表面には幾分光沢があり、表面は波状の凹凸がある。縁部は全縁で、先端部は鈍頭。茎は上部で分枝をする茎葉は、線状に近い狭楕円形で、縁部は大きく波を打ち、茎に互生する。6~9月頃、茎頂に総状花序を出し、径3~4㎜程度で淡黄色の花を多数つける。萼片4個、花弁4個、雄蘂は10~25個、雌蕊は3~4個となる。
履歴 本種は、紀元1世紀頃からweldと呼ばれ、染料として用いられてきている。
更に、民間薬としても用いられてきている。
本種は、アメリカ大陸大陸・オーストラリアでは帰化状態にある。
我が国でも帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考