←トップ頁へ

和名jp ホザキイカリソウ
撮影者:東京都 中村利治様

小石川植物園にて
漢字表記 穂咲碇草
別名・異名
other name
インヨウカク(淫羊藿)
古名
old name
語源
etymology
和名は、大きな円錐花序をつくる花穂を持ったイカリソウであることから。
属名は、ギリシャ語のepi(=上)とMedlia(=ギリシャの地名)の合成語から。
種小名は「鏃(やじり)形の」の意。
学名sn Epimedium sagittatum
英名en Rowdy lamb herb,Barrenwort
Bishop's hat
Fairy Wings
Horny Goat weed
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 三枝九葉草
淫羊藿
植物分類 メギ科イカリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 薬用
原産地distribution 中国
花言葉 人生の出発・君を離さない
解説
description
ホザキイカリソウはメギ科の多年草である。草丈は30~40㎝程度。根生葉は3で複葉で、茎葉は3出葉を2~3個出す。葉の縁には刺毛がある。4~5月頃大きな円錐花序を出し、小花を多数つける。花弁は黄色で4個、萼片は白色で8個で、花径は5㎜前後程度、距は我が国のイカリソウ等よりも短い。花は長い花柄の先に下垂する。本種は強壮、強精薬として用いられ、漢方名は「淫羊藿(いんようかく)」である。
履歴 我が国へは天保年間(1830~43)に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考